香りについて

こころに働きかける香り

自然の恵みが凝縮された精油には、植物の魂が宿ると考えられており、日本の神道に通じるものがあります。また、それぞれの精油は陰陽のいずれかの性質をもっています。 脳や血液、リンパに届いた芳香成分は心身に働きかけ、わたしたちの感情、自律神経、ホルモンバランス、免疫力などに大きな影響をもたらします。

“どう”のアイテムの調香を担当しているのは、ドイツのベルリンで調香師・セラピストとして活躍する日本人、RYOKO。 香りの原料の歴史や古代の人々の香りの使い方に敬意を払いながら彼女が丁寧に紡いだ、現代のわたしたちにふさわしい有機的な香りが、バランスの取れた暮らしをサポートします。
Photo Credit: Silvia Conde