コラボレーション

“どう”のファーストコレクションのパッケージを手がけるのは、LAを拠点に活動する中国系アメリカ人画家、Fong Min Liao(フォン・ミン・リャオ)

どう(以下D):今回、“どう”とコラボレートした理由を教えてください。
フォン(以下F):初めて“どう”の哲学やブランドカラーに触れたとき、それらがわたしの作品や、わたしが作品を通して伝えたいメッセージにとても近いことに驚きました。“どう”のファウンダーとわたしは、今をクリエイティブに生きる女性同士。二人であれこれ語り合ううちに、古代中国の陰陽説に基づいたブランドである“どう”には中国のバックグラウンドをもつわたしが関わるべきだと感じたし、なにより、“どう”の成功に貢献したいと思ったのです。ウェルネスは大きなトレンドだけれど、“どう”のようなものは今まで見たことがありません。きっと、多くの人々に愛されるブランドになるはずです。
D:アーティストとして活動を始めたきっかけは?
F:わたしはサンフランシスコで生まれて、アメリカのカルチャーに触れながら育ちました。生い立ちがちょっと複雑なこともあって、10代の頃は中国のカルチャーを遠ざけていたところもありました。どこに居るべきかわからなくて、精神的にも落ちている状態でした。自分を変えるにどうしたらいいのかで、ずっともがいていたけれど、2016年の夏、いつでも熱中してしまうアートを本格的にやろうと決めました。アートが、自分を取り戻す手助けになると思ったから。だから、わたしにとってアートとは、セラピーみたいなものね。
D:毎日、どのようにセルフケアをしていますか?
F:心を健康に保つことはとても重要で、そのためにはセルフラブを実践することが大切。また、身体には漢方で栄養を与えています。毎朝、お気に入りのハーブチンキを摂っているの。やはり、心身ともに健康でいなくてはね。それが人生の土台なのだから。
D:アートが果たす役割とは、どのようなものだと思いますか?
F:アートは全世界に共通する言語。作家と作品と鑑賞者、それぞれの間に対話が生まれます。ときにはそこから、あなたが夢にまで見たような素晴らしいつながりが生まれることもあるでしょう。
D:フォンさんが作品を通して伝えたいこととは?
F: “自分が欲しいもの”ではなく“自分にとって必要なもの”を感じてほしいということ。心と身体とスピリットのバランスは整っているか、あるいは、社会のなかでまるでハムスターのように生きていないか。わたしたち人間がもつ最大のギフトは、繊細な感覚をもって物事を感じることができることだと思っています。その意識を、自分自身へともう少し向けてあげましょう。毎日、気持ちのいい方法でセルフケアをして、前を向いて、いつでもベストバージョンの自分でいましょう。そうすることで初めて、周りの人に光を与えることができるのです。