ストーリー

“どう”を立ち上げたのは、もともとネイリストとしてキャリアを積んできたひとりの女性。
彼女は15年以上にわたり、クライアントと向き合うなかで、健康な爪を育てるには、心身のバランスを整えていくことが重要だと感じるように。

彼女が以前から抱いていた「爪の健康を保つための特別なケアアイテムをつくりたい」という思い。
そこに「バランスを崩しがちな現代の人々に、ひとときの癒やしを提供し、本来の健康と美しさを取り戻すお手伝いをしたい」という願いが加わり、誕生したのが“どう”の製品です。

フィロソフィー

古代中国で生まれた養生文化とは、日常生活のなかで自然界と調和することで、病を防ぎ、健康な身体を保つ、という考え方のこと。
その思想は日本にも伝わり、江戸時代には多くの人々が生活習慣のなかに養生文化を取り入れていたといわれています。当時の人たちは、一年を通して季節が巡り、それによって人間が生かされていることを知っていたのです。

昔ながらの養生文化を日々の暮らしに気軽に取り入れることで、わたしたち一人ひとりがさらに健康的に美しくパワーアップしていく――それが“どう”が描く未来です。

ミッション

古きよき伝統と文化を、現代によみがえらせること。
それを自分たちの代だけでなく、次の世代にも伝承していくこと。
この二つのミッションのもと、“どう”は健やかさと美しさを育むアイテムの開発を軸に、心まで豊かになる暮らしのヒントを発信していきます。